2002年 業績

著 書

【 単行本 】

  1. 松木明知、石原弘規、坂井哲博(編)
    周術期におけるBISモニタ−の臨床応用(改訂第2版)
    東京、克誠堂 2002
  2. 松木明知(著)
    麻酔科の本質
    東京、克誠堂 2002
  3. 松木明知(編)
    日本麻酔科学史資料(18) −中枢神経系、呼吸系、循環系、代謝系、腎機能、酸−塩基平衡、体液量・電解質−
    東京、克誠堂 2002
  4. 松木明知(編)
    日本麻酔科学史資料(19) −輸血、体外循環、低血圧、蘇生、集中治療、災害時の麻酔、プアリスク、局所麻酔−
    東京、克誠堂 2002
  5. 松木明知(著)
    華岡青洲の新研究
    東京、岩波出版サ−ビスセンタ− 2002
  6. 松木明知(著)
    八甲田雪中行軍の研究
    東京、岩波出版サ−ビスセンタ− 2002
  7. 松木明知(編)
    日本牛痘種痘史文献目録
    東京、岩波出版サ−ビスセンタ− 2002

【 英文分担執筆 】

  1. Sakai T, Hashimoto H, Furukawa K, Motomura S, Matsuki A.
    Nuclear factor-κB activation during anesthesia and surgery
    Kaneko S, Motomura S, Tateishi T, Kondo T, Furukawa K.(Eds)
    Pharmacogenetics - Tailor-made Pharmacotherapy
    Tokyo, Elsevier Science B.V.  127-130 2002

【 邦文分担執筆 】

  1. 石原弘規
    内分泌疾患
    稲田英一、槙田浩史、四津良平(監訳)
    MGHクリティカルケアブック第3版
    東京、メディカル・サイエンス・インタ−ナショナル 389-420 2002
  2. 坂井哲博、松木明知
    第W編 各科の麻酔管理 28章合併症を有する患者の麻酔
    V.内分泌・代謝疾患を有する患者の麻酔
    吉村望(監)、熊澤光生、弓削孟文、古家仁(編)
    Standard Textbook標準麻酔科学(第4版)
    東京、医学書院 355-360 2002
  3. 坂井哲博、松木明知
    第W編 各科の麻酔管理 28章合併症を有する患者の麻酔
    [.肥満患者の麻酔
    吉村望(監)、熊澤光生、弓削孟文、古家仁(編)
    Standard Textbook標準麻酔科学(第4版)
    東京、医学書院 381-386 2002
  4. 坂井哲博
    合併疾患別の注意点 内分泌疾患
    日野原重明、井村裕夫(監)、弓削孟文(編)
    看護のための最新医学講座 第26巻 麻酔科学
    東京、中山書店 202-206 2002
  5. 大川浩文、石原弘規
    気道管理 2.気管挿管患者の感染予防 MEMO 気管チュ−ブの種類と目的
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 18 2002
  6. 大川浩文、石原弘規
    ル−ト管理 6.静脈ル−トのケア Q22 末梢静脈炎のメカニズム
    と予防・処置
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 46-47 2002
  7. 坪敏仁、石原弘規
    効果的な消毒と感染対策 13.院内感染の防止対策 Q45 頻回に使う気管支ファイバ−スコ−プ
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 93-94 2002
  8. 大川浩文、石原弘規
    モニタ−、検査 22.二酸化炭素のモニタ− MEMO 二酸化炭素と酸塩基平衡の関係
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 158 2002
  9. 大川浩文、石原弘規
    モニタ−、検査 24.中心静脈圧モニタ− Q77 中心静脈圧モニタ−の意義と合併症
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 165-166 2002
  10. 大川浩文、石原弘規
    モニタ−、検査 24.中心静脈圧モニタ− Q78 自発呼吸ではCVPの基線がふらつく
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 167-168 2002
  11. 大川浩文、石原弘規
    モニタ−、検査 24.中心静脈圧モニタ− Q79 PEEPや陽圧人工呼吸施行中のCVPの異常値の補正
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 169 2002
  12. 石原弘規
    モニタ−、検査 24.中心静脈圧モニタ− MEMO 水柱マノメ−タ−は不正確?
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 170 2002
  13. 坪敏仁、石原弘規
    モニタ−、検査 25.PAカテ−テル Q80 肺動脈圧(PAP)モニタ−の注意点
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 171-173 2002
  14. 坪敏仁、石原弘規
    モニタ−、検査 25.PAカテ−テル Q81 持続心拍出量測定の測定原理と信頼性
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 174-175 2002
  15. 石原弘規、坪敏仁
    モニタ−、検査 25.PAカテ−テル Q82 肺動脈カテ−テル測定値の読み方とコツ
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 176-177 2002
  16. 鈴木朗子、石原弘規
    モニタ−、検査 26.心電図モニタ− Q83 ドクタ−コ−ルに値する心電図異常
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 178-180 2002
  17. 鈴木朗子、石原弘規
    モニタ−、検査 26.心電図モニタ− Q84不整脈の見方のポイント
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 181-183 2002
  18. 鈴木朗子、石原弘規
    モニタ−、検査 26.心電図モニタ− Q85 虚血性変化の見方のポイント
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 184-186 2002
  19. 石原弘規
    モニタ−、検査 27.血液生化学検査 Q87 緊急検査とル−チン検査で値が違う
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 189-190 2002
  20. 石原弘規
    モニタ−、検査 27.血液生化学検査 Q88 異常検査値と看護ケア
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 191-192 2002
  21. 石原弘規
    体液と栄養 30.輸液と体液量 Q94循環血液量の不足を知る方法は
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 210-212 2002
  22. 石原弘規
    体液と栄養 30.輸液と体液量 Q95 脱水の有無を知る方法は
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 213-214 2002
  23. 石原弘規
    体液と栄養 30.輸液と体液量 Q96 ナトリウム、カリウムの補正
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 215-217 2002
  24. 石原弘規
    体液と栄養 30.輸液と体液量 Q97 大量出血なのに貧血でない?
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 218-219 2002
  25. 鈴木朗子、石原弘規
    体液と栄養 31.血液製剤の輸注適応と取扱い Q100 凍結血漿投与で何を補う?
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 225-226 2002
  26. 石原弘規
    体液と栄養 32.栄養管理 Q101 カロリ−計算
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 227-228 2002
  27. 石原弘規
    体液と栄養 32.栄養管理 Q102 必要カロリ−と組成の決め方
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 229-231 2002
  28. 石原弘規
    体液と栄養 32.栄養管理 Q103 経管栄養
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 232-235 2002
  29. 坪敏仁、石原弘規
    事故・合併症、その他 37.褥創の予防とケア Q111 褥創ができやすい患者の条件
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 254-255 2002
  30. 坪敏仁、石原弘規
    事故・合併症、その他 37.褥創の予防とケア Q112 できてしまった褥創のケア
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 256-257 2002
  31. 鈴木朗子、石原弘規
    事故・合併症、その他 41.術前・術後の処置 Q119 食事と飲水を中止する時間
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 274 2002
  32. 鈴木朗子、石原弘規
    事故・合併症、その他 41.術前・術後の処置 MEMO 誤嚥性肺炎
    丸川征四郎(編)
    救急・集中治療の看護ケア ナ−スの質問119 ベッドサイドの問題解決
    東京、南江堂 275 2002
  33. 木村邦之
    全静脈麻酔法
    天羽敬祐(監)
    専門医のための麻酔科学レビュ− 最新主要文献集
    東京、総合医学社 75-79 2002
  34. 松木明知
    全身麻酔
    釘宮豊城、宮崎東洋(編)
    麻酔・ペインクリニックと医療事故
    東京、真興交易株式会社医書出版部 113-124 2002
  35. 松野伸哉
    心筋梗塞が疑わしいとき
    小川龍(編)
    麻酔のHow to治療編
    東京、克誠堂 100-101 2002
  36. 小谷直樹
    ニュ−ロパシックペインの治療 侵襲的治療法 4)クモ膜下腔ステロイド投与
    弓削孟文(編)
    麻酔科診療プラクティス6 ニュ−ロパシックペインの今
    東京、文光堂 196-199 2002
  37. 石原弘規
    コントロ−ル不良の糖尿病合併患者の麻酔
    岩崎寛(編)
    麻酔科診療プラクティス第8巻 よくある術前合併症の評価と麻酔計画
    東京、文光堂 134-135 2002
  38. 石原弘規
    糖尿病性ニュ−ロパシ−を有する患者の脊髄くも膜下・硬膜外麻酔の適応
    岩崎寛(編)
    麻酔科診療プラクティス第8巻 よくある術前合併症の評価と麻酔計画
    東京、文光堂 136-137 2002
  39. 石原弘規
    内分泌疾患患者の麻酔
    花岡一雄、真下節、福田和彦(編)
    臨床麻酔学全書(下巻)
    東京、真興交易株式会社医書出版部 319-331 2002
  40. 松木明知
    麻酔科学の歴史
    花岡一雄、真下節、福田和彦(編)
    臨床麻酔学全書(上巻)
    東京、真興交易株式会社医書出版部 1-17 2002

英文論文

【 原 著 】

  1. Hirota K, Yoshioka H, Kabara S, Koizumi Y, Abe H, Sato T, Matsuki A.
    Spasmolytic effects of colforsin daropate on serotonin-induced pulmonary hypertension and bronchoconstriction in dogs.
    Acta Anaesthesiol Scand 46(3):297-302 2002
  2. Kubota T, De A, Brown RA, Simasko SM, Krueger JM.
    Diurnal effects of acute and chronic administration of ethanol on sleep in rats.
    Alcohol Clin Exp Res 26(8):1153-1161 2002
  3. Kudoh A, Kudoh E, Katagai H, Takazawa T.
    Ketamine suppresses norepinephrine-induced inositol 1,4,5-trisphosphate formation via pathways involving protein kinase C.
    Anesth Analg 94(3):552-557 2002
  4. Ishihara H, Okawa H, Iwakawa T, Umegaki N, Tsubo T, Matsuki A.
    Does indocyanine green accurately measure plasma volume early after cardiac surgery?
    Anesth Analg 94(4):781-786 2002
  5. Kushikata T, Hirota K, Yoshida H, Kubota T, Ishihara H, Matsuki A.
    Alpha-2 adrenoceptor activity affects propofol-induced sleep time.
    Anesth Analg 94(5):1201-1206 2002
  6. Hirota K, Hashimoto H, Tsubo T, Ishihara H, Matsuki A.
    Quantification and comparison of pulmonary emboli formation after pneumatic tourniquet release in patients undergoing reconstruction of anterior cruciate ligament and total knee arthroplasty.
    Anesth Analg 94(6):1633-1638 2002
  7. Kudoh A, Takahira Y, Katagai H, Takazawa T.
    Small-dose ketamine improves postoperatively depressive state of depressed patients.
    Anesth Analg 95(1):114-118 2002
  8. Kudoh A, Katagai H, Takazawa T.
    Sevoflurane increases glucose transport in skeletal muscle cells
    Anesth Analg 95(1):123-128 2002
  9. Yasuda T, Takahashi S, Matsuki A.
    Tumor necrosis factor-αreduces ketamine- and propofol-induced anesthesia time in rats.
    Anesth Analg 95(4):952-955 2002
  10. Hirota K, Hashimoto Y, Lambert DG.
    Interaction of intravenous anesthetics with recombinant human M1-M3 muscarinic receptors expressed in Chinese hamster ovary cells.
    Anesth Analg 95(6):1607-1610 2002
  11. Kubota T, Li N, Guan Z, Brown RA, Krueger JM.
    Intrapreoptic microinjection of TNF-α enhances non-REM sleep in rats.
    Brain Research 932(1-2):37-44 2002
  12. Kudoh A, Katagai H, Takazawa T.
    Antidepressant treatment for chronic depressed patients should not be discontinued prior to anesthesia.
    Can J Anesth 49(2):132-136 2002
  13. Tsubo T, Sakai I, Suzuki A, Okawa H, Ishihara H, Matsuki A.
    Lung image changes during bronchopulmonary lavage estimated using transoesophageal echocardiography.
    Eur J Anaesthesiol 19(2):141-144 2002
  14. Hirota K, Ishihara H, Matsuki A.
    Ketamine and the inhibition of albumin extravasation in chemical peritonitis in rat.
    Eur J Anaesthesiol 19(3):173-176 2002
  15. Kotani N, Tanioka F, Tsubo T, Ishihara H, Matsuki A.
    Systemic heparinization during postoperative pulmonary embolism induces fatal complications.
    Eur J Anaesthesiol 19(5):382-384 2002
  16. Hirota K, Fukushi S, Baba S, Matsuki A.
    Flurbiprofen does not change the bispectral index and 95% spectral edge frequency during total intravenous anaesthesia with propofol and fentanyl.
    Eur J Anaesthesiol 19(7):483-486 2002
  17. Kudoh A, Kudoh E.
    Insulin potentiates bradykinin-induced inositol 1,4,5- triphosphate in neonatal rats cardiomyocytes through activation of a tyrosine kinase.
    J Cardiovas Pharmacol 39(5):621-627 2002
  18. Kudoh A, Katagai H, Takazawa T.
    Atrial natriuretic peptide increases glucose uptake during hypoxia in cardiomyocytes.
    J Cardiovas Pharmacol 40(4):601-610 2002
  19. Kudoh A, Katagai H, Takazawa T.
    Anesthesia with ketamine, propofol, and fentanyl decreases the frequency of postoperative psychosis emergence and confusion in schizophrenic patients.
    J Clin Anesth 14(2):107-110 2002
  20. Kudoh A, Katagai H, Takazawa T.
    Increased postoperative pain scores in chronic depression patients who take antidepressants.
    J Clin Anesth 14(6):421-425 2002
  21. Hashiba E, Lambert DG, Jenck F, Wichmann J, Smith G.
    Characterisation of the non-peptide nociceptin receptor agonist, Ro64-6198 in Chinese hamster ovary cells expressing recombinant human nociceptin receptors.
    Life Sciences 70(15):1719-1725 2002
  22. Bigoni R, Rizzi D, Rizzi A, Camarda V, Guerrini R, Lambert DG, Hashiba E, Berger H, Salvadori S, Regoli D, Calo' G.
    Pharmacological characterisation of [pXPhe4] nociceptin (1-13) amide analogues. 1.In vitro studies.
    Naunyn Schmiedeberg's Arch Pharmacol 365(6):442-449 2002
  23. Kitayama M, Hirota K, Kudo M, Kudo T, Ishihara H, Matsuki A.
    Inhibitory effects of intravenous anaesthetic agents on K+-evoked glutamate release from rat cerebrocortical slices. Involvement of voltage-sensitive Ca2+ channels and GABAA receptors.
    Naunyn Schmiedeberg's Arch Pharmacol 366(3):246-253 2002
  24. Kudoh A, Takahira Y, Katagai H, Takazawa T.
    Schizophrenic patients who develop postoperative confusion have an increased norepinephrine and cortisol secretion to surgery
    Neuropsychobiol 46(1):7-12 2002
  25. Kudoh A, Takahira Y, Katagai H, Takazawa T.
    Cortisol response to surgery and postoperative confusion in depressed patients under general anesthesia with fentanyl.
    Neuropsychobiol 46(1):22-26 2002
  26. Hashiba E, Lambert DG, Farkas J, Toth G, Smith G.
    Comparison of the binding of [3H]nociceptin / orphanin FQ (1-13) NH2, [3H] nociceptin / orphanin FQ (1-17) OH and [125I] Tyr14 nociceptin/orphanin FQ (1-17) OH to recombinant human and native rat cerebrocortical nociceptin / orphanin FQ receptors.
    Neurosci Lett 328(1):5-8 2002

邦文論文

【 原 著 】

  1. 坪敏仁、松井晃紀、大川浩文、石原弘規、松木明知
    肺胞洗浄液へのカテコラミンおよびコルチゾルの排泄
    ICUとCCU 26:S135-S136 2002
  2. 大高奈奈子、工藤千晶、葛西恵美子、佐藤正治、橋本浩、坂井哲博、鈴木重晴
    新しい手術患者誤認防止フィルムの臨床応用
    手術医学 23(2):120-124 2002
  3. 工藤千晶、大高奈奈子、葛西恵美子、佐藤正治、橋本浩、坂井哲博、鈴木重晴
    回復室患者意識レベルの客観的評価法の検討
    手術医学 23(2):180-182 200
  4. 松木明知、石原弘規、小谷直樹、坂井哲博、廣田和美、村岡正敏、橋本浩、坪敏仁、高橋敏、
    洪浩彰、若山茂春、佐藤裕、長尾博文
    プロポフォ−ル・フェンタニルを中心とする全静脈麻酔の臨床的研究−特に安全性の面からの2万6千余症例の検討−
    麻酔 51(12):1336-1342 2002
  5. 坂井哲博
    酸素代謝失調に伴う細胞内情報伝達の変化
    麻酔 51(増):S141-S142 2002

【 症 例 】

  1. 村川徳昭、櫛方哲也、松木明知
    特殊な合併症を有する緊急開頭手術患者の麻酔
    救急医学 26(6):730-732 2002
  2. 松井雅之
    最近経験したハント症候群の検討
    弘前市立病院医誌 11(1):55-58 2002
  3. 橋本浩、佐藤正治、坂井哲博、鈴木重晴
    透視装置のCア−ムの予期せぬ下降により、生検針が深く刺入された1例
    手術医学 23(2):187-188 2002
  4. 村川徳昭、神敏郎、松木明知
    緊急脳動脈瘤根治術中に発生した心室細動の1症例
    麻酔 51(2):203-205 2002
  5. 江平宣起、工藤明、片貝宏、高沢鞆子
    ショックを伴った嚥下性肺炎に対し大量ステロイド療法が著効した1症例
    麻酔 51(5):535-538 2002
  6. 石原弘規、高平陽子、村岡正敏、橋本浩、松木明知、長谷川幸裕、高梨信吾
    内視鏡下レ−ザ−照射時の高吸入酸素濃度は気道内発火の主たる原因となるか?−全静脈麻酔中の気道内発火事故の1症例−
    麻酔 51(12):1359-1362 2002
  7. 橋場英二、橋本浩、松木明知
    深頚部感染による挿管困難症の1例
    臨床麻酔 26(1):91-92 2002

【 総 説 】

  1. 廣田和美、松木明知
    特殊な意識障害 麻酔からの覚醒遅延
    Clinical Neuroscience 20(4):466-467 2002
  2. 松木明知
    指導医のDo's and Don'ts
    LiSA 9(1):5-6 2002
  3. 大川浩文、石原弘規
    ICUとバソプレシン
    LiSA 9(12):1162-1165 2002
  4. 小谷直樹
    難治性帯状疱疹後神経痛の最新の治療−くも膜下腔酢酸メチルプレドニゾロン投与−
    ペインクリニック 23(2):219-225 2002
  5. 廣田和美
    Orexin-A, an hypothalamic peptide with analgesic properties.
    ペインクリニック 23(6):865 2002
  6. 坪敏仁
    心タンポナ−デ
    看護学雑誌 66(8):720-723 2002
  7. 馬場祥子
    癌終末期患者の在宅医療
    黒石病院医誌 8(1):48-51 2002
  8. 小谷直樹
    帯状疱疹後神経痛の病態と最新の治療−腰椎くも膜下腔メチルプレドニゾロン投与法を中心として−
    日本医事新報 (4092):19-23 2002
  9. 廣田和美、松木明知、馬場祥子
    麻酔 2001;50:908「集学的手術医療のための麻酔科医の役割」への返信
    麻酔 51(1):67 2002
  10. 小谷直樹
    帯状疱疹後神経痛の最新の治療
    麻酔 51:S89-S94 2002
  11. 坪敏仁、高村かおり、大川浩文、石原弘規、松木明知
    中毒症例 医薬品 (6)ケタミン
    臨床透析 18(8):1043-1046 2002

【 その他(医学史を含む) 】

  1. 松木明知
    麻酔科学史(第12回)本邦初の全身麻酔下帝王切開術
    Anesthesia 21 Century 4(1-12):40-41 2002
  2. 松木明知
    麻酔科学史(第13回)本邦における明治前半の帝王切開術−とくに全身麻酔下の帝王切開術について−
    Anesthesia 21 Century 4(2-13):54-55 2002
  3. 松木明知
    麻酔科学史(第14回)日本で発見された骨格筋弛緩薬“マグノクラリン”
    Anesthesia 21 Century 4(3-14):62-63 2002
  4. 鎌田信仁、山谷隆二
    施設紹介 医療法人やわらぎ会山谷医院麻酔科ペインクリニック
    ペインクリニック 23(12):1721-1724 2002
  5. 白崎修一、安沢則之、塚田静男
    施設紹介 総合病院釧路赤十字病院麻酔科
    ペインクリニック 23(4):543-546 2002
  6. 松木明知
    師資の情
    医学部ウォ−カ− (21):3 2002
  7. 松木明知
    中川五郎治がシベリアから将来したロシア語牛痘種痘書についての一考察
    科学医学資料研究 30(2):19-36 2002
  8. 松木明知
    医史学研究の先取権を巡って−「華岡青洲の麻沸散」の実験的追試
    科学医学資料研究 30(7):1-9 2002
  9. 松木明知
    マニュアルを作って医療事故が防げるか−シンポジウム「医療事故の問題点」から−
    学術の動向 7(12):74-75 2002
  10. 松木明知
    随照失宗−照に随えば宗を失す−
    弘前市医師会報 (281):59-60 2002
  11. 松木明知
    雪中行軍の大隊長山口少佐はなぜ生き延びたのか
    弘前市医師会報 (282):54-58 2002
  12. 松木明知
    新史料の発見と熟読
    弘前市医師会報 (282):72 2002
  13. 松木明知
    研究方法に違いはあるのか−医学の研究と医学史の研究の比較−
    弘前市医師会報 (283):56-58 2002
  14. 松木明知
    福島隊と山口隊の遭遇−福島大尉と木村少佐の会見−
    弘前市医師会報 (284):55-56 2002
  15. 松木明知
    専門家と学界−なぜ捏造を見抜けないのか−
    弘前市医師会報 (284):57-59 2002
  16. 松木明知
    ズボンのポケットに手を突っ込んで
    弘前市医師会報 (285):69 2002
  17. 松木明知
    きれいにしなければ−医療事故予防の基本−
    弘前市医師会報 (286):69-70 2002
  18. 松木明知
    世界は何で出来ているか、はたまただれが世界を造ったか
    青森県医師会報 (467):83-85 2002
  19. 松木明知
    Sir William Oslerの“And Hospital”−大学病院のあるべき姿−
    青森県医師会報 (469):216-218 2002
  20. 松木明知
    歩兵第五連隊山口少佐の死
    青森県医師会報 (470):292-295 2002
  21. 松木明知
    中原貞衛軍医と八甲田雪中行軍遭難事件−1.中原貞衛と「奥の吹雪」−
    青森県医師会報 (471):370-371 2002
  22. 松木明知
    中原貞衛軍医と八甲田雪中行軍遭難事件−2.中原貞衛はなぜ「奥の吹雪」を書いたのか−
    青森県医師会報 (472):434-435 2002
  23. 松木明知
    中原貞衛軍医と八甲田雪中行軍遭難事件−3.「奥の吹雪」のどこを「心して」読むのか−
    青森県医師会報 (473):469-470 2002
  24. 松木明知
    中原貞衛軍医と八甲田雪中行軍遭難事件−4.「心して読む」のは第31節−
    青森県医師会報 (474):544-545 2002
  25. 松木明知
    中原貞衛軍医と八甲田雪中行軍遭難事件−5.永に眠る薬とは何か−
    青森県医師会報 (475):618-619 2002
  26. 松木明知
    中原貞衛軍医と八甲田雪中行軍遭難始末−6.立見師団長はいつ中原軍医と話し合ったのか−
    青森県医師会報 (476):668-669 2002
  27. 松木明知
    金沢工業大学ライブラリ−センタ−の「曙文庫」を見学して
    青森県医師会報 (477):748-749 2002
  28. 松木明知
    永嘉眞覚大師とウィリアム・オスラ−卿
    日本オスラ−協会ニュ−ス (45):15 2002
  29. 松木明知
    Sir William Oslerと私の関り
    日本オスラ−協会ニュ−ス (46):1-10 2002
  30. 松木明知
    華岡青洲の「乳巖姓名録」の研究 個別の症例記録との比較検討
    日本医史学雑誌 48(1):53-65 2002
  31. 松木明知
    新に確定された青洲の乳癌患者三名の死亡年月日
    日本医史学雑誌 48(2):175-183 2002
  32. 松木明知
    中原貞衛と「第五連隊惨事 奥の吹雪」(一)
    日本医事新報 (4071):37-41 2002
  33. 松木明知
    中原貞衛と「第五連隊惨事 奥の吹雪」(二)−山口少佐の死因をめぐって−
    日本医事新報 (4072):44-47 2002
  34. 松木明知
    中原貞衛と「第五連隊惨事 奥の吹雪」(三)−山口少佐の死因をめぐって−
    日本医事新報 (4073):46-49 2002
  35. 松木明知
    中原貞衛と「第五連隊惨事 奥の吹雪」(四−完)−山口少佐の死因をめぐって−
    日本医事新報 (4074):45-47 2002
  36. 松木明知
    日本麻酔科学会50年史編集委員会から
    日本麻酔科学会 NEWSLETTER 10(2):6 2002
  37. 廣田和美
    麻酔科における学生教育
    日本麻酔科学会 NEWSLETTER 10(4):14 2002
  38. 松木明知
    “Journal of Anesthesia”に関する一私見
    麻酔 51(3):318-320 2002

学会発表  − 国際学会 −

【 特別講演 】

  1. Hashiba E.
    Effects of nociceptin/orphanin FQ on plasma catecholamine levels in guinea pigs
    University of Ferrara (Ferrara, Italy) May 27, 2002
  2. Sato T.
    Cancer pain management
    Pusan・Ulsan・Kyongnam Pain Society (Pusan, Korea) Sept 1, 2002
  3. Sakai T.
    BIS research and experience at the University of Hirosaki School of Medicine
    Aspect Scientific Meeting (Boston, U.S.A.) Dec. 9, 2002
  4. Tanabe T.
    BIS values in schizophrenic patients
    Aspect Scientific Meeting (Boston, U.S.A.) Dec. 9, 2002

【 口演、ポスター発表 】

  1. Kitayama M, Hirota K, Kudo M, Kudo T, Ishihara H, Matsuki A.
    Inhibitory effects of intravenous anesthetic agents on K+-evoked glutamate release from rat cerebrocortical slices
    International Anesthesia Research Society 76th Clinical and
    Scientific Congress (San Diego, U.S.A.) March 19, 2002
  2. Kudoh A.
    Endotoxin-induced glucose uptake in cardiomyocytes is mediated by intracellular calcium and protein kinase C
    12th Congress Western Pacific Association of Critical Care Medicine (Nusa Dua-Bali, Indonesia) Aug 22, 2002
  3. Mi WD, Sakai T, Furukawa K, Matsuki A.
    Gene expression and anesthetics
    7th America-Japan Anesthesia Congress (Yamanashi, Japan) Nov. 2, 2002
  4. Mi WD, Sakai T, Furukawa K, Matsuki A.
    IGFBP genes expression is induced by sevoflurane, but not by ketamine
    2nd China-Japan Medical Conference 2002 (Beijing, China) Nov. 5, 2002
  5. Sakai T, Tanabe T, Mi WD, Matsuki A.
    BIS monitoring on schizophrenic patients
    2nd China-Japan Medical Conference 2002 (Beijing, China) Nov. 5, 2002
  6. Tanabe T, Kimura N, Mi WD, Sakai T, Matsuki A.
    Awake, preoperative BIS values are lower in schizophrenic patients than in normal controls
    56th Postgraduate Assembly in Anesthesiology (New York, U.S.A.) Dec. 7, 2002
  7. Tsubo T, Yatsu Y, Hashiba E, Ishihara H, Matsuki A.
    A method to measure regional pulmonary blood flow with transesophageal echocardiography in acute lung injury dog model
    Annual Meeting of American Society of Anesthesiologists (Orland, U.S.A.) Dec. 14, 2002
  8. Hashiba E, Hirota K, Calo G, Kudo T, Matsuki A.
    The effects of intravenous nociceptin/orphanin FQ on plasma concentrations of catecholamines in guinea pigs
    Annual Meeting of American Society of Anesthesiologists (Orland, U.S.A.) Dec. 14, 2002

学会発表  − 国内学会 −

【 特別講演 】

  1. 小谷直樹
    生体侵襲が肺胞マクロファ−ジ機能に及ぼす影響
    第12回横浜麻酔懇話会(横浜)平成14年 1月26日(2002)
  2. 松木明知
    山口少佐と八甲田雪中行軍 −新発見の資料による生存救助者の症状を中心に−
    平成13年度青森県医史学研究会(青森)平成14年 2月 9日(2002)
  3. 佐藤哲観
    がん性疼痛治療の基本戦略
    第412回八戸胃腸研究会(八戸)平成14年 3月13日(2002)
  4. 松木明知
    サイエンスとア−トの狭間で
    第28回日本口腔外科学会北日本地方会(弘前)平成14年 6月 6日(2002)
  5. 松木明知
    八甲田雪中行軍の光と影
    宮城鵬桜会総会(仙台)平成14年 7月13日(2002)
  6. 松木明知
    Sir William Oslerと私の関わり
    日本オスラ−協会総会(東京)平成14年 8月31日(2002)
  7. 松木明知
    八甲田雪中行軍の研究 −特に中原貞衛軍医を中心に−
    艮陵会青森県支部総会(青森)平成14年 9月21日(2002)
  8. 松木明知
    江戸時代における青森県の医療が全国に及ぼした影響 −とくに津軽の阿片を中心として−
    第17回日本整形外科学会基礎学術集会(青森)平成14年10月11日(2002)
  9. 松木明知
    華岡青洲と全身麻酔
    市民公開講座「麻酔の日」講演会(弘前)平成14年10月12日(2002)
  10. 松木明知
    Wooley and Roe事件から学ぶもの −脊髄くも膜下麻酔事故に関連して−
    第15回日本局所麻酔学会(甲府)平成14年11月 2日(2002)
  11. 大川浩文
    エラスポ−ルの使用経験から
    弘前SIRS・ALIセミナ−(弘前)平成14年11月22日(2002)
  12. 坂井哲博
    全静脈麻酔の最近の知見について
    道南麻酔科医会(函館)平成14年11月29日(2002)

【 教育講演 】

  1. 坪敏仁
    経食道エコ−と呼吸管理 −PGE1の作用も含めて−
    第7回青森県周術期管理研究会(青森)平成14年 1月19日(2002)
  2. 佐藤哲観
    癌性疼痛の薬物療法
    武田製薬株式会社研修会(弘前)平成14年 3月25日(2002)
  3. 谷津祐市
    周術期の全身管理
    弘前記念病院研修会(弘前)平成14年 3月29日(2002)
  4. 小谷直樹
    帯状疱疹後神経痛の最新の治療
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月19日(2002)
  5. 松木明知
    医療人として何が大切か
    長崎大学医学部集中講義(医療と人間)(長崎)平成14年 6月 4日(2002)
  6. 廣田和美
    手術時の麻酔について
    持田製薬株式会社研修会(弘前)平成14年 6月24日(2002)
  7. 橋場英二
    基本的蘇生法の実際
    弘前愛成会病院研修会(弘前)平成14年 7月17日(2002)
  8. 大川浩文
    ICUの仕組みについて
    持田製薬株式会社研修会(弘前)平成14年10月29日(2002)
  9. 大川浩文
    心電図が読めるコツ
    看護トピックス研修会(弘前)平成14年11月 7日(2002)
  10. 村川徳昭
    集中治療管理
    秋田県消防学校専科教育救急科救急セミナ−(秋田県岩城町)平成14年11月26日(2002)

【 シンポジウム 】

  1. 坂井哲博
    酸素代謝失調にともなう細胞内情報伝達の変化
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月18日(2002)
  2. 谷津祐市
    小児におけるケタミン併用麻酔後の術後疼痛管理
    第8回日本小児麻酔学会(名古屋)平成14年 9月 6日(2002)
  3. 佐藤裕
    結審を迎えた睡眠時無呼吸症候群(SAS)訴訟
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  4. 石原弘規、高平陽子、橋本浩、村岡正敏、松木明知
    レ−ザ−照射による腫瘍焼却中に生じた気道内熱傷
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  5. 木村邦之
    脊椎麻酔時の心停止による低酸素性脳障害に対して術中の厳重患者監視の(注意)義務違反を問われた事例
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)

【 パネルディスカッション 】

  1. 坂井哲博
    鎮静・鎮痛薬の投与に定量的指標はあるか
    第9回日本静脈麻酔・Infusion Technology研究会(甲府)平成14年11月 2日(2002)

【 口演、ポスター発表 】

  1. 外崎充、坂井哲博、石原弘規、松木明知
    Closed-loopシステムで管理した長時間手術症例の検討
    第7回青森県周術期管理研究会(青森)平成14年 1月19日(2002)
  2. 橋本浩、櫛方哲也、窪田武、鈴木朗子、岩川力、小谷直樹、石原弘規、松木明知、高村かおり、大川浩文、坪敏仁
    声門下狭窄を伴う先天性食道閉鎖症患者の管理
    第7回青森県周術期管理研究会(青森)平成14年 1月19日(2002)
  3. 新妻秀剛、高瀬肇、大友教暁、松野伸哉、橋本泰典、前田朝平
    集中治療室で管理中の小児気道確保トラブルの二例
    第7回青森県周術期管理研究会(青森)平成14年 1月19日(2002)
  4. 田辺健、坂井哲博、石原弘規、松木明知、坪敏仁
    術直後に発生した肺底部無気肺の一例
    第7回青森県周術期管理研究会(青森)平成14年 1月19日(2002)
  5. 木村太、木村尚正、片貝宏、長尾乃婦子、中村敏克、木村邦之、志賀健人
    PGE1が股関節手術患者の血中サイトカイン濃度に及ぼす影響
    第7回青森県周術期管理研究会(青森)平成14年 1月19日(2002)
  6. 石原弘規、大川浩文、鈴木朗子、松井晃紀、坪敏仁、松木明知
    心疾患時の心臓前負荷の指標としての中心部血液量とぶどう糖初期分布容量の比較検討 
    第29回日本集中治療医学会(岡山)平成14年 2月28日(2002)
  7. 坪敏仁、高村かおり、大川浩文、石原弘規、松木明知
    下側肺障害部位の経時的変化 −経食道心エコ−を用いた観察−
    第29回日本集中治療医学会(岡山)平成14年 2月28日(2002)
  8. 村川徳昭、堺一郎
    巨大陰性T波を有する手術患者の周術期管理
    第29回日本集中治療医学会(岡山)平成14年 3月 1日(2002)
  9. 大川浩文、松井晃紀、坪敏仁、石原弘規、松木明知
    当院ICU過去3年間における経皮的心肺補助(PCPS)使用状況の検討
    第29回日本集中治療医学会(岡山)平成14年 3月 2日(2002)
  10. 安田忠伸、高橋敏、窪田武、櫛方哲也、吉田仁、松木明知
    腫瘍壊死因子はケタミンとプロポフォ−ルの麻酔時間を短縮する
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月18日(2002)
  11. 高橋敏、安田忠伸、松木明知
    断眠はラットにおいてプロポフォ−ルの麻酔作用を増強する
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月18日(2002)
  12. 廣田和美、工藤美穂子、櫛方哲也、工藤剛、松木明知
    オレキシンによるラット大脳皮質スライスからの選択的ノルエピネフリン放出に対するバルビタ−ル麻酔薬の抑制効果
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月18日(2002)
  13. 橋場英二、廣田和美、石原弘規、松木明知
    カルバコ−ルによるモルモット気管平滑筋収縮に対する三つの異なる型のCa拮抗薬の弛緩作用の比較
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月19日(2002)
  14. 櫛方哲也、廣田和美、小谷直樹、窪田武、北山真任、松木明知
    オレキシンはBarbituratesによる睡眠時間を短縮する
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月19日(2002)
  15. 工藤明、高平陽子、高沢鞆子
    うつ病患者に対して術前の抗うつ薬は中止すべきか?
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月19日(2002)
  16. 石原弘規、鈴木朗子、大川浩文、高村かおり、坪敏仁、松木明知
    ICGパルス式色素希釈法による中心部血液量は熱希釈法による胸郭内血液量と同等か?
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月19日(2002)
  17. 村川徳昭、安沢則之、橋本泰典、堺一郎
    90歳以上の高齢者における麻酔管理
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月19日(2002)
  18. 佐藤哲観、蝦名正子、鹿原史寿子、高瀬肇、石原弘規、松木明知
    神経ブロック療法におけるクリティカルパスウェイの効用
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月20日(2002)
  19. 坪敏仁、石原弘規、松木明知
    小児における経食道心エコ−を用いた下側肺障害の診断
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月20日(2002)
  20. 廣田和美、橋場英二、吉岡秀樹、松木明知
    雑種成犬メタコリン気道収縮モデルでの各種L型Caチャンネル阻害薬の気道拡張作用の比較−L型Caチャンネルのどの部位を遮断するのが有効か?
    第49回日本麻酔科学会(福岡)平成14年 4月20日(2002)
  21. 角田洋一、高瀬肇、高平陽子、田村有人、大友教暁、松野伸哉、橋本泰典、前田朝平
    体交ドレ−ンが著効した高度脊椎変形症の一例
    第21回青森県集中治療研究会(青森)平成14年 4月27日(2002)
  22. 高村かおり、大川浩文、坪敏仁、石原弘規、松木明知
    マムシ咬症の治療経験
    第21回青森県集中治療研究会(青森)平成14年 4月27日(2002)
  23. 志賀健人、木村太、木村尚正、片貝宏、長尾乃婦子、中村敏克、木村邦之
    降下性壊死性縦隔炎の一救命例
    第21回青森県集中治療研究会(青森)平成14年 4月27日(2002)
  24. 石原弘規、橋場英二、高村かおり、大川浩文、坪敏仁、松木明知
    開心術後の循環血液量の検討
    第21回青森県集中治療研究会(青森)平成14年 4月27日(2002)
  25. 大川浩文、坪敏仁、石原弘規、松木明知
    当院ICUにおけるPCPSの使用状況について
    第21回青森県集中治療研究会(青森)平成14年 4月27日(2002)
  26. 坪敏仁、橋場英二、高村かおり、大川浩文、石原弘規、松木明知
    急性肺障害時の血流に対する薬剤の影響
    第21回青森県集中治療研究会(青森)平成14年 4月27日(2002)
  27. 佐藤哲観
    大学病院における地域との連携 活動報告
    大学病院の緩和ケアを考える会 第8回総会・研究会(東京)平成14年 6月 1日(2002)
  28. 大川浩文、橋場英二、坪敏仁、石原弘規、松木明知
    食道亜全摘術後に原因不明の横紋筋融解症を呈した症例
    第10回青森県ショック研究会(青森)平成14年 6月 1日(2002)
  29. 長尾博文、篠崎義和、土橋伸行
    2001年に経験した4死亡例の検討
    第10回青森県ショック研究会(青森)平成14年 6月 1日(2002)
  30. 田村有人、高平陽子、大友教暁、松野伸哉、橋本泰典、前田朝平
    前負荷の評価に難渋した重症心不全の1例
    第10回青森県ショック研究会(青森)平成14年 6月 1日(2002)
  31. 北山真任、梅垣知子、谷津祐市、廣田和美、石原弘規、松木明知
    頚部巨大血腫に伴う脳潅流不全によりBIS値がゼロとなった腹部大動脈瘤破裂手術症例
    第10回青森県ショック研究会(青森)平成14年 6月 1日(2002)
  32. 木村太、鈴木朗子、長尾博文、長尾乃婦子、中村敏克、木村邦之、志賀健人
    高頻度ジェット換気で緊張性気胸となった気管切開孔肉芽切除術の1例
    第10回青森県ショック研究会(青森)平成14年 6月 1日(2002)
  33. 佐藤哲観
    医学部学生に対する緩和医療教育の在り方についての模索 −課外勉強会を通じて−
    第7回日本緩和医療学会総会(松山)平成14年 6月28日(2002)
  34. 高平陽子、橋本泰典、松野伸哉、大友教暁、前田朝平
    安静時呼気位での息こらえとSpO2の経時的変化 −麻酔科研修医の気管挿管所要時間の考察−
    第11回日本集中治療医学会東北地方会(山形)平成14年 6月29日(2002)
  35. 志賀健人、木村太、鈴木朗子、長尾乃婦子、長尾博文、木村邦之
    降下性壊死性縦隔炎の一救命例
    第11回日本集中治療医学会東北地方会(山形)平成14年 6月29日(2002)
  36. 石原弘規、中村仁美、大川浩文、橋場英二、坪敏仁、松木明知
    食道癌根治術術後早期におけるぶどう糖初期分布容量と胸郭内血液量の検討
    第11回日本集中治療医学会東北地方会(山形)平成14年 6月29日(2002)
  37. 佐藤哲観、蝦名正子、松井晃紀、小谷直樹、松木明知
    当教室における卒前ペインクリニック教育
    第16回青森県疼痛研究会(青森)平成14年 7月 6日(2002)
  38. 蝦名正子、松井晃紀、高瀬肇、鹿原史寿子、佐藤哲観、松木明知
    当科での神経ブロック療法の現況
    第16回青森県疼痛研究会(青森)平成14年 7月 6日(2002)
  39. 鹿原史寿子、蝦名正子、高瀬肇、松井晃紀、佐藤哲観、松木明知
    当科における高周波熱凝固法を用いた神経ブロック療法
    第16回青森県疼痛研究会(青森)平成14年 7月 6日(2002)
  40. 長尾乃婦子、木村太、鈴木朗子、長尾博文、中村敏克、木村邦之、志賀健人、鎌田信仁
    放射線性脊髄障害の治療経験
    第16回青森県疼痛研究会(青森)平成14年 7月 6日(2002)
  41. 佐藤哲観、蝦名正子、鹿原史寿子、松井晃紀、石原弘規、松木明知
    当科で看取った末期癌症例の検討
    第36回日本ペインクリニック学会(宮崎)平成14年 7月19(2002)
  42. 長尾乃婦子、鎌田信仁、木村尚正、吉岡秀樹、木村太、片貝宏、中村敏克、志賀健人、木村邦之
    慢性疼痛患者に対する脊髄刺激療法の検討
    第36回日本ペインクリニック学会(宮崎)平成14年 7月19(2002)
  43. 蝦名正子、安田忠伸、鹿原史寿子、高瀬肇、佐藤哲観、松木明知
    術後硬膜外カテ−テル管理に関するトラブル
    第36回日本ペインクリニック学会(宮崎)平成14年 7月20(2002)
  44. 石原弘規
    食道亜全摘術後早期における胸郭内血液量とぶどう糖初期分布容量の検討
    第13回青森静脈・経腸栄養研究会(弘前)平成14年 8月24(2002)
  45. 佐藤哲観、蝦名正子、松井晃紀、鹿原史寿子、高瀬肇、松木明知
    神経ブロック施行時の医師の放射線被爆
    第27回日本ペインクリニック学会東北地方会(横手)平成14年 9月21日(2002)
  46. 小山田志瑞、前田朝平、橋本泰典、大友教暁、松野伸哉、高平陽子
    増悪する咽頭痛を主訴として紹介され、その後縦隔炎と判明した1症例
    第27回日本ペインクリニック学会東北地方会(横手)平成14年 9月21日(2002)
  47. 松井晃紀、蝦名正子、佐藤哲観、鹿原史寿子、松木明知
    当科でのコンサルテ−ション型緩和医療−この1年半を振り返って−
    第27回日本ペインクリニック学会東北地方会(横手)平成14年 9月21日(2002)
  48. 木村太、長尾乃婦子、長尾博文、中村敏克、志賀健人、木村邦之
    同側顔面に対する3回の外傷または処置後にいずれも外傷性三叉神経痛(CRPS 1)を発症した1例
    第27回日本ペインクリニック学会東北地方会(横手)平成14年 9月21日(2002)
  49. 磯崎健一、飯田司、神敏郎
    拡張型心筋症を合併した脳動静脈奇形患者の麻酔経験
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  50. 遠瀬龍二、窪田武、石原弘規、松木明知、坂井哲博、馬場祥子
    気管チュ−ブ再生使用に関する一考案
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  51. 外崎充、石原弘規、松木明知、坂井哲博
    BISモニタ−XPを用いたClosed-loopシステムの有用性の検討
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  52. 丸山美保、中村仁美、小谷直樹、石原弘規、松木明知、橋本浩
    経食道心エコ−による観察が有用であった下大静脈内腫瘍塞栓摘出術の一例
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  53. 岩川力、田口さゆり、若山茂春
    術中心停止した脊髄小脳変性症患者の麻酔経験
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  54. 橋場英二、窪田武、北山真任、石原弘規、松木明知、坪敏仁
    閉塞性肥大型心筋症のために人工心肺から離脱が困難であった一症例
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  55. 橋本浩、佐藤正治、坂井哲博、安田忠伸、廣田和美、石原弘規、松木明知
    心臓外科手術中に折れた縫合針の先端をセルセ−バ−から発見した一例
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  56. 高橋彩香、丹羽英智、田辺健、高橋敏、石原弘規、松木明知、坂井哲博
    新しい麻酔深度指標ARX indexの麻酔導入時における変化
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  57. 高瀬肇、工藤明、高沢鞆子、松木明知
    プロポフォ−ルが原因と考えられる重症の徐脈、房室ブロックを呈した一症例
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  58. 高村かおり、鹿原史寿子、村岡正敏、杉原一穂、石原弘規、松木明知
    全静脈麻酔PFKおよびPFの安全性に関する臨床的研究 −26000余例の経験から−
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22日(2002)
  59. 高平陽子、大友教暁、松野伸哉、橋本泰典、前田朝平
    最近経験した重症破傷風の一症例
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  60. 佐々木剛範、外崎充、石原弘規、松木明知、橋本浩
    クル−ゾン病患者の気管切開術の麻酔経験
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  61. 堺一郎、村川徳昭、佐藤一雄
    102歳の緊急イレウス解除術を全静脈麻酔で管理した1例
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  62. 前田朝平、高平陽子、大友教暁、松野伸哉、橋本泰典
    当院における麻酔科短期研修の教育:その2−技術面で何が数量的に教育効果として表現され得るか
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  63. 谷津祐市、中村仁美、松木明知、坪敏仁
    経食道エコ−法を用いた肺局所血流の観察
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  64. 丹羽英智、高橋彩香、田辺健、高橋敏、石原弘規、松木明知、坂井哲博
    麻酔覚醒時におけるARX indexとBIS indexの比較
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  65. 中村仁美、櫛方哲也、石原弘規、松木明知、大川浩文、坪敏仁
    声門下狭窄を合併した先天性食道閉鎖症患者の麻酔経験
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  66. 木村太、鈴木朗子、長尾乃婦子、長尾博文、中村敏克、木村邦之、志賀健人
    HFJVで緊張性気胸を発症した気管切開孔肉芽切除術の1例
    第59回日本麻酔科学会東北地方会(秋田)平成14年 9月22(2002)
  67. 松木明知
    新たに確定した「乳巖治験録」中の患者二三名の歿年月日について
    第103回日本医史学会(新潟)平成14年 9月29日(2002)
  68. 前田朝平、橋本泰典、松野伸哉、高平陽子、長谷川達郎
    麻酔科研修医と救命士の喉頭展開の成功率と所要時間の比較
    第30回日本救急医学会(札幌)平成14年10月10日(2002)
  69. 安田忠伸、窪田武、櫛方哲也、高橋敏、松木明知
    腫瘍壊死因子αがケタミンとプロポフォ−ルの麻酔時間に及ぼす影響
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  70. 櫛方哲也、廣田和美、工藤美穂子、松木明知
    バルビタ−ル麻酔におけるオレキシン神経の役割
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  71. 工藤明、高瀬肇、高沢鞆子
    Does combination of spinal anesthesia plus propofol improve quality of anesthesia in old orthopedic patients?
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  72. 松井雅之
    最近経験したハント症候群の2例
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  73. 浅井瑞枝
    当院での無痛分娩の試み
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  74. 丹羽英智、高橋彩香、米衛東、田辺健、坂井哲博、石原弘規、松木明知
    新しい麻酔深度モニタ−AAIの有用性に関する検討−BISとの比較−
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  75. 福士貞男、馬場祥子
    新しい局所麻酔薬ロピバカインの使用経験
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  76. 廣田和美、櫛方哲也、工藤美穂子、松木明知
    ケタミン麻酔におけるNMDA受容体とオレキシン神経の関係
    第37回青森県臨床麻酔研究会(青森)平成14年10月12日(2002)
  77. 櫛方哲也、廣田和美、工藤美穂子、工藤剛、松木明知
    オレキシンのバ−ビツレ−ト麻酔に及ぼす影響
    第14回青森県内分泌研究会(弘前)平成14年10月26日(2002)
  78. 中村仁美、廣田和美、鹿原史寿子、橋本浩、石原弘規、松木明知
    新しい全静脈麻酔法Propofol-Fentanyl-Droperidolの検討
    第22回日本臨床麻酔学会(甲府)平成14年10月31日(2002)
  79. 田辺健、坂井哲博、松木明知
    覚醒時のBISは電撃療法や抗精神病薬で低下する?
    第22回日本臨床麻酔学会(甲府)平成14年10月31日(2002)
  80. 高沢鞆子
    日本の女性麻酔科医に望む
    第22回日本臨床麻酔学会(甲府)平成14年11月 1日(2002)
  81. 杉原一穂、橋本浩、安田忠伸、小谷直樹、石原弘規、松木明知
    高IgE症候群8歳女児に対する片肺換気麻酔の経験
    第22回日本臨床麻酔学会(甲府)平成14年11月 1日(2002)
  82. 木村太、木村邦之、長尾乃婦子、長尾博文、中村敏克、志賀健人、片貝宏、木村尚正
    両側気胸後の胃空腸吻合術中に再拡張性肺水腫となった1例
    第22回日本臨床麻酔学会(甲府)平成14年11月 1日(2002)
  83. 安田忠伸、橋本浩、北山真任、廣田和美、石原弘規、松木明知
    術中に心室細動をきたしたBrugada症候群の1症例
    第22回日本臨床麻酔学会(甲府)平成14年11月 2日(2002)
  84. 鹿原史寿子、中村仁美、蝦名正子、安田忠伸、石原弘規、松木明知
    肺手術後の硬膜外鎮痛における硬膜外カテ−テルトラブルの発生状況と皮下トンネルの効果
    第22回日本臨床麻酔学会(甲府)平成14年11月 2日(2002)
  85. 安田忠伸、高橋敏、窪田武、櫛方哲也、松木明知
    腫瘍壊死因子(TNFα)がケタミンとプロポフォ−ルの麻酔時間に及ぼす影響
    第9回日本静脈麻酔・Infusion Technology研究会(甲府)平成14年11月 2日(2002)
  86. 丹羽英智、高橋彩香、田辺健、米衛東、坂井哲博、松木明知
    新しい麻酔深度指標AAIの麻酔導入時における変化−BISとの比較−
    第9回日本静脈麻酔・Infusion Technology研究会(甲府)平成14年11月 2日(2002)
  87. 丸山美保、松木明知、橋本浩
    経食道心エコ−で観察した腎細胞癌に伴う下大静脈血栓症の一例
    第7回青森県経食道エコ−研究会(弘前)平成14年11月22日(2002)
  88. 橋場英二、窪田武、佐々木剛範、松木明知、坪敏仁
    術中に遭遇した肥大型心筋症の三例
    第7回青森県経食道エコ−研究会(弘前)平成14年11月22日(2002)
  89. 佐藤裕
    上顎神経ブロックを応用した覚醒時TEE検査
    第7回青森県経食道エコ−研究会(弘前)平成14年11月22日(2002)
  90. 谷津祐市、松木明知
    肺洗浄時の経食道エコ−所見
    第7回青森県経食道エコ−研究会(弘前)平成14年11月22日(2002)
  91. 坪敏仁、谷津祐市、中村仁美、田辺健、大川浩文、石原弘規、松木明知
    犬を用いた片肺換気モデル
    第7回青森県経食道エコ−研究会(弘前)平成14年11月22日(2002)
  92. 坪敏仁、谷津祐市、中村仁美、田辺健、大川浩文、石原弘規、松木明知
    PCPS時のTEEの有用性
    第7回青森県経食道エコ−研究会(弘前)平成14年11月22日(2002)
  93. 坪敏仁、沼田由里佳、田辺健、大川浩文、石原弘規、松木明知
    経食道心エコ−を用いて心内膜炎を経時的に観察した1症例
    第7回青森県経食道エコ−研究会(弘前)平成14年11月22日(2002)